イライラを解消する!食べ物!

イライラするときは誰でもあるはずですが、対処法を知っているだけでも結果が違います。多様な食材の性質を記憶しておけば、精神の状態に合わせて選ぶことが可能になるため、イライラが絶え間なく続くことがなくなります。イライラを解消する食べ物には精神に直接に働きかけるものがあれば、ホルモンバランスを調整してくれる種類もありますから、用途に合わせて選ぶと合理的です。

ホルモンバランスを整えることを第一に考える場合には、大豆食品を使うことが最適と言えるでしょう。大豆食品の種類は非常に多く、発酵させたものでは納豆や味噌が代表的です。発酵させない種類では、黄な粉や豆腐などが有用ではないでしょうか。これらの大豆食品を日常的に食べることで、エストロゲンと似た働きをする大豆イソフラボンが吸収されて、イライラの解消につながるらしいのです。外出中にイライラするときには、ポケットの中から浜納豆を取り出して食べることも、イライラを解消するために役立つはずです。

イライラするときに大切なのは、幸せホルモンとも呼ばれるセロトニンを分泌させて、結果的には睡眠の質も向上させることにあると思います。この理想を実現するためには、セロトニンの原料になるトリプトファンとビタミンB6が欠かせません。先述した大豆食品には大量のトリプトファンが含まれていますが、発酵させた納豆を選ぶとビタミンB6の量も大幅に増えるのです。味噌汁の中にはイワシやカツオなどの魚介類を加える場合でも、ホルモンバランスを整えるための栄養価が充実します。

イライラするときにおすすめできる食べ物には、芳香が素晴らしい種類も少なくありません。各種のスパイスを利用すると、アロマの香りで精神のイライラが解消し、リラックスした状態で翌日に備えることができます。この種類で代表的な食べ物では、柑橘類も挙げることができるでしょう。レモンやミカンなどの果皮には、リモネンという成分が含まれており、香料や香辛料として使われてきました。ウンシュウミカンの果皮を乾燥させた食品には陳皮がありますが、漢方では理気作用のある生薬として有名です。イライラするときには、ミカンやレモンの皮を使ってハーブティーを作り、寝る前などに飲めば心からリラックスできるようになります。

イライラを解消する食べ物を夏場に利用する場合には、ハッカも選ぶことがおすすめです。ハッカのハーブティーを冷たくして飲むと、メントールの爽やかな芳香でリラックス作用が働き、独特な清涼感も実感できるのです。冬場には体を温める必要もあるため、シナモンや生姜を入れたハーブティーを飲むことがおすすめです。シナモンや生姜には血行を良くする働きもあるため、血流の滞りが影響してイライラする場合にも役立つことでしょう。

イライラを解消する食べ物には、豊かな甘味や旨味を含むものが多いことも特徴ではないでしょうか。代表的なものが緑茶であり、強い旨味を構成するテアニンが含まれています。テアニンには精神を安定させる働きがあるため、精神や肉体が疲れ果ててしまったときには緑茶を飲む習慣が根付いています。テアニンが特に多いのは、日光を制限して育てる玉露です。抹茶も同様な性質を持っていますから、イライラするときには甘い茶菓子を一緒にして、濃茶を点てて飲むことも理にかなっていると思います。

お腹の調子が悪くて感情が激しくなるときには、胃腸の健康に良い食べ物を使うこともおすすめできます。消化に良くて優しい甘味もあるキャベツを用意して、トリプトファンが豊富な豚肉を一緒にスープで煮込めばポトフが完成します。和食のスープ料理が欲しいときには、多種類の大豆食品や野菜が入った納豆汁も食べると、胃腸を整えながらイライラを解消できるようになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする