イライラの解消法はこう!

イライラの解消法を知りたい!毎日気分が悪いし調子も悪い!って思ってことがありますよね。実はこれ理由がはっきりしています。どうやら人間の身体は本来のバランスから崩れてしまうと、イライラする仕組みになっているようなのです。

これは人間のからだ自体をコントロールするホルモンバランスにおいても言えることで、不規則な生活が続いてイライラするときは生活を変えていくしかありません。

睡眠不足が続いているとイライラするのは多くの方が経験から知っています。

日々の生活では様々なストレスを抱えてしまいますが、睡眠不足ほど悪いものはありません。

睡眠という行為がイライラ 解消法となるため、睡眠不足だけは何としても解消していきましょう。

イライラの解消と睡眠方法

具体的には早寝早起きをする習慣が基本であり、夜は早めに眠るように意識してください。夜ふかしをすると十分な睡眠時間の確保が難しくなるので、22時までには眠るというように決まりごとを作っておくのがおすすめです。

毎日同じ時刻に眠るようにすると、自然とその時間帯になると眠気がやってくるはずです。就寝時刻がその日によって21時、24時などとばらつきがあると身体のリズムを崩すことになります。

体内時計を正確にするためにも、生活リズムは整えていく必要があるのです。

生活リズムが乱れているとホルモンバランスの乱れにもつながり、一日中イライラすることになります。

生活リズムを正常にするために一番大切なことは就寝・起床時刻を一律にすることです。

例えば22時~翌朝の6時まで眠るというように決めておくことです。イライラ 解消法としての睡眠としては1日8時間程度は確保したいので、起床時間から逆算して考えるようにしましょう。

朝5時に起きないと仕事に間に合わないという方は、前日は21時には眠るのが好ましいと言えます。

就寝前にイライラがあると寝つきが悪くなるので、嫌なことは一切考えないようにしてください。何か考えごとをするとネガティブに偏ってしまうことが多いので、頭を真っ白にリセットして眠たくなるのを待ちましょう。

イライラするときはとにかく眠るのがおすすめで、これには脳の疲労をリセットする意味があります。脳が疲れているとストレスを感じてしまうので、完全に休ませる必要があるわけです。

仮眠でもある程度の疲れは取れますが、スッキリとした爽快感を得ることはできません。

イライラの解消とホルモンバランス

身体が冷えているときもホルモンバランスを崩しやすく、イライラの原因となりやすいです。女性は男性と比べてストレスが溜まりやすいと言われていますが、これには冷えが関係していると言われています。

身体を冷やす飲食物はなるべく避けること、毎日湯船に浸かって身体を温めること、朝食を抜かないこと、などは大切でしょう。肥満も冷えの原因となりますから、暴飲暴食をする習慣がある方は注意してください。

心身がネガティブに傾いていると、ストレスが溜まりやすくなります。ストレスの厄介なところは、ストレスがさらなるストレスを呼び込むことにあります。

ひとたび蓄積してしまうと簡単には解消しなくなるので、ストレス解消のために楽しいことに打ち込むことも大切なのです。趣味のない人はストレスが溜まり、イライラしやすい傾向があります。

仕事で疲れるのはイライラの原因となるでしょうが、人間は自分の好きなことをして疲れてもストレスは溜まりません。趣味のない方は趣味を作っていくことから始めましょう。

運動をほとんどしない方も身体がなまり、ホルモンバランスが乱れがちになります。

特にデスクワークに従事するなど運動をする機械がない方は、ルームランナーを導入するなどして運動する習慣を身につけてください。家で運動できるなら天候は関係ないので、毎日無理なく続けることができます。

ただし毎日義務的に行うと苦痛になるので、5日運動したら2日は休むという工夫が必要です。運動をして汗を流すことはイライラ 解消法ですし、代謝をよくするメリットもあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする