女性のイライラ解消は周期を抑える!?

女性がイライラする原因として最も多いのは月経前症候群、PMSの症状を抱えている時と言われています。排卵が行われ、生理が訪れるまでの間、ホルモンバランスが変化することで精神面や身体面に不調が出ることがあり、その中にイライラする、気分が落ち込む、集中力が続かないといった症状があります。特に神経質な人ほどこうした症状を抱えやすく、注意が必要です。

また、出産経験者が精神面の症状を訴えやすく、30代40代の人も同様の傾向があるため、対策を立てていくことが求められます。

一方、更年期障害もイライラする原因の1つとされています。女性ホルモンの減少に伴い、今までの状態を維持しようと脳が奔走するもそれでも言うことをきかないため、バランスを欠いた状態が長く続きます。すると、神経などに影響を与え、何かしらの症状を誘発することになり、それが更年期障害です。

この場合も、性格などがさらに増長させることがあり、ネガティブな性格の人ほど重い症状になりやすいことが指摘されています。こうしたことからも、イライラを解消することが大事であり、なるべくイライラしないようにすることが大事です。

女性のイライラ解消方法

まず必要なことはイライラする周期をできるだけ把握するというものです。イライラする 生理前の周期を見れば、だいたいどの時期にそうしたものが出てくるかというのがわかります。基礎体温と一緒に記録を付ければ、次にいつイライラしやすい時期を迎えることになるかがわかるようになるため、対策を立てやすくなります。

そして、その時期がわかれば仕事をセーブする、もしくはできるだけ体に負担のない日程を心がけることが必要です。精神面の症状はPMSの症状の1つなどと認識されにくいため、婦人科などに行くのもおすすめです。

また、イライラ解消の食べ物も存在するため、そうしたものを取り入れていくということも大切になります。まずはブルーベリーです。ブルーベリーにはストレスホルモンを抑える効果があると言われています。最近ではコンビニなどでも冷凍のブルーベリーが売っており、そのまま食べることも可能です。一方、ヨーグルトやバナナなどにもこうしたものが入っているため、ヨーグルトの中にブルーベリーやバナナを入れてそれを食べるというのもおすすめです。精神面のバランスを保つにはハーブを活用するのも1つの手であり、お茶にして飲むのが一番手っ取り早いと言えます。

イライラすることにより、体の緊張度合いが高まっており、それをさらに刺激するような食べ物を食べてしまえば、当然のことながら悪影響を与えるため、カフェインの入った飲み物などは避けなければなりません。反対に緊張を和らげてくれるものも存在します。アボガドやクルミがその代表例であり、他にも青魚もそうした効果があると言われています。

ミネラル不足になるとイライラするとも言われており、魚介類や海藻などを積極的に食べていくことも必要です。あとは炭酸水を飲み、身も心もデトックスをするということも効果的です。食べ物や飲み物でコントロールしていくのが実践しやすいやり方です。

イライラする原因は人によってさまざまですが、その多くは女性ホルモンが大きく関係しています。また、若い時は重い生理痛など身体面に出ていた人があるときを境に精神的なものに出るようになったという人もいます。

そして、複合的な要因もあるため、自分の体以外にイライラする原因を見つけている場合には定期的にそこから遠ざかる努力も必要です。こうしたコントロールをしていくことにより、周囲との無用なトラブルを回避することができ、毎日を快適に暮らすことができるようになっていきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする