イライラが止まらない!女性はどうしたらいいの?

女性には、特別なきっかけがなくても突然イライラしてしまうことがあります。例えば、電車が時刻表通りに到着しなかったりエスカレーターで前に立っている人が進まないなど日常生活におけるほんの些細なことでさえイライラするのです。これは女性特有のもので、男性からすると自身が体験することがないため理解できず、雰囲気が険悪になってしまうことがあるのです。

しかし、きっかけがなくても原因はあります。原因を知ることで対策を行うことができ、女性 イライラ 解消することが可能なのです。

イライラする原因として真っ先に挙げられるのは、生理周期によるものです。月に一度訪れる生理前や生理中は平常時と比べて女性の身体と心が大きく変化し、感情のコントロールが出来なくなるのです。

これはホルモンバランスの乱れによるもので、生理の期間中は卵胞ホルモンと黄体ホルモンが活性化します。女性の身体にとって必要なことですが、ホルモンのバランスが乱れることに変わりはありません。このことによって神経伝達物質であるセロトニンが減少し、精神的に不安定な状態になりイライラを誘発しているのです。

生理によってイライラするという現象は以前から確認されていましたが、生理前のイライラについては近年になってPMSという症状だということが確認されています。PMSは月経前症候群のことで、イライラの他にも肌荒れや頭痛が起こるなど女性の身体に大きな影響があります。

全ての女性に起こるわけではありませんが、生理前の女性の8割前後に起こるとも言われているほど一般的な症状なのです。一般的な症状だとは言え、毎月のようにイライラしていては日常生活に影響が出ます。

イライラを抑えるためのおすすめの対策

そこで、イライラを抑えるためのおすすめの対策があります。

まずは身体と心をリラックスさせることです。音楽を聴いたり読書をしたりアロマを炊いたりと心を落ち着かせる手段は人によって異なりますが、マッサージを受けると心だけでなく身体もリラックスできます。

マッサージによって緊張状態が解けて副交感神経が活発になり、セロトニンの分泌量が増えるのです。食生活の改善も有効で、特に鉄分がPMSには有効です。鉄分を摂ることで貧血の状態を避けることができ、イライラすることが減るのです。

レバーや鰹、マグロ、ひじきや煮干しなど普段の料理にも取り入れられる鉄分が豊富な食材を積極的に食べて、身体の鉄分量を増やすことがイライラの細工になります。

また、イライラを抑える方法として、周囲に理解を求めるということも一つの方法です。

イライラして周囲に当たってしまうと当たられた人の機嫌も悪くなります。そのままでは悪循環になってしまうので、PMSであることを伝えておきイライラしているのは自分の本心ではないということを理解してもらうのです。

職場の同僚に話すことは難しいですが、夫や家族になら話せるはずです。家庭内で居場所が出来れば職場でのストレスもある程度は許容できるようになります。

私もPMSに悩まされていて、イライラが続いてことあるごとに夫に当たっていました。

夫に悪い部分はまったくなく、自分のせいであることは分かっているのですがどうしようも出来なかったのです。

そんなとき、夫が私の状態はPMSではないかと言ってくれたのです。私はそれまでPMSという症状の存在を知りませんでしたが、夫が調べてくれた資料を読むと私の状態に合致します。

そのとき、始めて自分がPMSであることを自覚したのです。それからは夫も理解を示してくれるようになり、私も理解者がいると言うことがストレスの減少に繋がり、イライラする頻度が大幅に減りました。自宅でリラックスすることが出来るようになったのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする